資格を取得してスキルアップを目指す

HOME >>  資格取得全般 > 情報処理技術者試験の午後問の言語選択

情報処理技術者試験の午後問の言語選択

jouhoushori

情報処理技術者試験は、ITの資格試験の中でも通商産業省実施の試験とあって、認知度が高い試験です。情報処理技術者試験の基本の出題内容に、C、COBOL、JAVA、アセンブラ、表計算から一つの言語を選択して解答するというのがあります。

 

どちらか使う方を選択

 

それぞれ一長一短がありますが、CやJAVAの利用率が高いことから、この2つのうちいずれかの言語を習得するのがおすすめです。実際にあまり使われていませんが、試験に受かりやすくするにはCOBOL、アセンブラ、表計算がおすすめです。解答しやすくかんたんと言われています。

 

が、覚えても使いものにならないから、CやJAVAのほうを習得するほうが今後につながっていくでしょう。CやJAVAの場合は合格率が低くなっているのが現状で、理解するのが容易ではありません。

 

人によってCから勉強をして後にJAVAを勉強するほうが言語を深く理解しやすいとか、最初からJAVAを勉強したほうが他言語への乗り換えが簡単になるといった意見がなされています。