資格を取得してスキルアップを目指す

HOME >>  資格取得全般 > 介護支援専門員の資格取得

介護支援専門員の資格取得

介護支援専門員の資格は、福祉や医療の分野などで5年間所定の仕事をすることで受験資格がもらえる資格です。私は5年間介護職として働くことで、受験資格を得ることができました。

 

介護支援専門員は高齢者福祉の分野で、介護が必要な状態になった人を介護サービスとつなぐ役割を果たしています。年齢を重ねても出来る仕事で、女性も活躍しているので、私も資格取得をしたいなと思いました。

 

介護支援専門員の仕事は、高齢者福祉に関わる仕事の中ではお給料が良く、土日祝休みなどといった働き方もできるために魅力的です。介護が必要となった人の人生を支える仕事で、家族や本人の相談にのって、一緒に考えていくというやりがいのある仕事ができます。

 

介護支援専門員の資格を取得して、自分が働ける幅が大きく広がったなと感じました。資格は定期的に更新する必要があり、研修なども受けなければなりません。一度合格したら終わりではなく、色々なことを学ぶ機会が多いので、学ぶ意欲が強い人には向いていると思います。