資格を取得してスキルアップを目指す

幅広い知識が身につくファイナンシャルプランナーの資格

就職する時に何かしら資格を持っていると有利になるとはよく言われますが、今は資格を持っているだけでは評価はそこまで上がりません。大切なのはその資格を実戦できることです。
 
ファイナンシャルプランナー
 

要するに持っているだけで、仕事に活用できないのであればあまり意味がないということです。とりあえず就職のために取ってみたでは大した評価はしてもらえないのです。そのため、私は実戦向きの資格としてファイナンシャルプランナーをおすすめします。

 

ファイナンシャルプランナーという資格を一度くらいであれば聞いたことがあるのではないでしょうか。ファイナンシャルプランナーの仕事は、ライフプランから個人の一生において必要になるお金を見積もり、お金が必要になる様々な分野についてアドバイスしてライフプランの実現をお手伝いするというものです。
 

人気の理由は転職・再就職に役立つ!!

 

ファイナンシャルプランナーの資格を取れば、税理士や弁護士などと同じように個人事務所を開き、自分で事業を行うことが可能になります。ただ、ファイナンシャルプランナーとして働けるまでにならなくても、ファイナンシャルプランナーは十分な資格となっています。

 

ファイナンシャルプランナーの資格試験は1つではありません。2級、3級といった下位の試験もあります。ファイナンシャルプランナーとして働くには、それ以上の試験に合格する必要がありますが、2級、3級も十分価値のある試験となっています。

 

ファイナンシャルプランナーの仕事ができるようになるにはどのような知識が必要になると思われるでしょうか。個人の一生において必要になるお金に関する勉強をするのですから、非常に幅広い分野の勉強が必要になります。社会保険制度、民間保険、金融、税金などの勉強をする必要があります。

 

社会人として働き始めた方のうち、どれくらいの方がこれらの分野についての知識を有しているでしょうか。英検や漢検などの資格を否定するわけではありません。しかし、幅広い知識を身につけることができるファイナンシャルプランナーという資格の存在も忘れないでもらいたいなと思います。